【メイクブラシ実験室】アイシャドウブラシ発色比較

【メイクブラシ実験室】アイシャドウブラシ発色比較

 

テクスチャーの色づきがどうなるかは、 メイクブラシを選ぶ上で気になるポイントですね。 
 
第一回目は特に発色次第で完成イメージが変わってしまう、アイシャドウでの実験をレポート。

フェリセラプロフェッショナルシリーズのアイシャドウブラシ 

先斜めのカットが特徴的な[TAIRA.PRO]

360度つくしのような毛先の[TSUKUSHI.PRO]

スタンダードな平筆の[動物毛(ヤギ)]を使い、 

発色やフィット感・粉落ちの有無などを比較チェックしました。 

 

■粉とり具合

 

 

3種類とも細かいラメの粒子まで毛先についていました。 

[TAIRA.PRO]はヘッドが横に大きく厚みもあるので、 小さいサイズのパレットの色は少し取りにくいです。 

 

■パウダーアイシャドウ塗布

アイシャドウの中でも一番ポピュラーなパウダーを塗ってみました。

 

 一番発色がよかったのは[TSUKUSHI.PRO]

しっかりフィットしてツヤ感も表現できています。 

[TAIRA.PRO]は、ふんわりとやさしく色がのり、ナチュラルな仕上がりに。 

ヘッドが大きいので広く塗れます。 

[動物毛]は色はきれいにでているのですが、粉飛びが多く中間色~濃い色は少しムラがでてしまいました。 

 

 

 パールピンクとオレンジの発色はどのブラシもきれいにでています。 

伸びがよかったのは[TAIRA.PRO]すーーっと伸びフィットしました。 

ダマになりやすいパール色もつやっぽくムラなく塗布できています。 

大きな粒のラメは[TSUKUSHI.PRO]がまんべんなくラメがちらばりきれいに伸びました。 

コツはつくし型のヘッドに360度まんべんなくラメをつけて塗ると きれいにラメが広がります。

他の2種は最初に筆を当てたところに溜まってしまいました。

 

 

■まとめ

[TAIRA.PRO]と[TSUKUSHI.PRO]は粉落ちが少なく、粉を取ってからティッシュオフも軽くで十分。

粉はけもつきすぎず適切な量を塗布してくれるので色の調整がしやすいです。 

 2種ともヘッドが大きめなので、アイホール全体にさっと塗ることができるアイシャドウブラシ。

TSUKUSHI.PRO]は先端がとがっているので、目の下の涙袋に色をいれるのにも良いです。 

 

■アイシャドウブラシの詳細はこちらから

 

フェリセラプロフェッショナルメイクブラシ 

アイシャドウブラシ(TAIRA.PRO) 

https://www.felicelapro.shop/product/10

 

アイシャドウブラシ(TSUKUSHI.PRO) 

https://www.felicelapro.shop/product/11