【メイクブラシ実験室】パウダーブラシの選び方 

【メイクブラシ実験室】パウダーブラシの選び方 

今までパウダーブラシをなんとなく選んでいませんか? 

パウダーブラシといっても、丸・丸平・斜めなど色々なタイプがあります。 

塗布する部位や用途にあわせて選ぶと、よりメイクがやりやすくなり、仕上がりも変わってきます。  

 

フェリセラプロフェッショナルシリーズのパウダーブラシ[YOROI.PRO]と 

一般的な丸形(天然毛)・丸平型(フェリセラ)のパウダーブラシを使って、仕上がり感の違いをチェックしました。 

 

■毛先のフィット感とそれぞれの特長 

 ◯なだらかなカーブのある面に毛先をのせて、それぞれのメイクブラシのフィット感を検証。 

ベーシックなパウダーブラシともいえる[丸平形]は先端が丸くカットされていて平べったい形状。 

毛先の部分のみがフィットするので、左右にスライドさせて使いやすい。 

重ね塗りや艶だしに適しています。 

フェイスパウダー、チーク、シェーディングに使えます。 

 

 

均一に厚みがあってきのこのように丸くカットされている[丸形]ブラシは、丸く全体的に肌にフィット。 

フェイスパウダーを薄くふんわり仕上げるのに適しています。 

チークに使うと丸くかわいらしい印象に仕上がります。 

 

 

[YOROI.PRO]は、顔のカーブに沿う立体形状。 

筆全体が肌にピッタリフィットし、肌を包み込むようにカバーしてくれます。 

骨格に沿いやすいのでフェイスパウダーだけでなく、シェーディングにも使いやすいブラシです。 

 

■フェイスパウダー塗布比較 

 ◯フェイスパウダーをメイクブラシにとり、軽くティッシュで粉を払い黒画用紙に塗布しました。 

 

[丸平型]は横に広げやすく、テクスチャーは少し厚めにつきました。 [丸形]は、置くだけで広範囲に塗布することができましたが、パウダーが落ちました。粉を丁寧に払ったほうがよりナチュラルにつけることができそうです。[YOROI.PRO]はムラが少なく、ナチュラルな発色に。 

 

■カーブ面への塗布比較 

 ◯顔表面を想定し、なだらかなカーブのある面に布テープを貼り、スキンカラーを塗布しました。 

 

 

薄付きだったのは[丸平形]、続いて[丸形]。 

どちらも密着させるというよりも、軽くのせるようなイメージ。[丸型]のほうがふわっとした印象です。 

YOROI.PRO]は比較的色がはっきりとのりました。中心から外側にかけて自然にぼかしがきいています。 

 

■まとめ 

重ね付けしやすいのは[丸平型]。チークやシェーディングなどは色の調節がしやすく使いやすいでしょう。 

[丸形]は顔全体のフェイスパウダーに。ささっとナチュラルにお粉をのせることができます。 

[YOROI.PRO]平面ではナチュラルに色づき、カーブ面ではしっかりと発色。使い方次第でマルチに活躍してくれそうです。 

 

骨格に沿うように作られたパウダーブラシ[YOROI.PRO

肌にピッタリフィットする、縦長に大きくボリュームのある筆先で、 

スピーディーにテクスチャーをのせることができます。

 

繊細な加工の毛先は、チクチクせずなでられているような心地よさ。 

チークやシェーディングといった色のあるテクスチャーは自然に肌になじませてくれ、 

フェイスパウダーはベールをまとったような薄付きの仕上がりに。 

 

フェリセラプロパウダーブラシ YOROI.PRO

詳細はコチラから

https://www.felicelapro.shop/product/12