眉の印象自由自在・アイブロウの描き方のポイント 

眉の印象自由自在・アイブロウの描き方のポイント 

 

顔の印象を決定づけるのが「眉」 メイクの中でも「むずかしい」パーツととらえている方も多いのでは? 

そんなアイブロウのメイクもポイントをしっかり押さえれば、 誰でも印象どおりの美眉を手に入れることができます。 

今回はアイブロウメイクの基本から印象別の仕上げ方までをまとめました。

 

ポイントを押さえよう・眉メイクの【基本バランス】はこれ 

 

覚えるポイントは4箇所です。 

A.眉頭・・・目頭よりも少し顔の内側 

B.眉尻・・・小鼻と目尻を結んだ延長線上 

C.眉頭と眉尻の高さ・・・水平線の一直線上から眉尻がやや上 

D.眉山・・・眉頭から眉尻の約2/3の位置 

 

 

アイブロウのテクスチャーの種類 

主に4つの種類がありますが、 パウダータイプとリキッドタイプは初心者の方でも比較的簡単に扱えます。 

 

パウダータイプ 

やわらかででふんわりとした線が描けナチュラルに仕上がる。 

グラデーションが作りやすい。 

 

ペンシルタイプ 

細くはっきりとした線がかけ、シャープに仕上がる。 

眉毛の一本一本を描き足せる。 

 

リキッドタイプ 

皮脂やこすれに強い。重ね付けで色の調整ができる。 

一本一本繊細な仕上がりになる。 

 

マスカラタイプ 

眉の色を変え、ハリのある立体感のある仕上がりになる。 

 

 

アイブロウのカラー選び 

前髪の色・瞳の色を意識して色を選びましょう。 

髪の色よりも少し明るめのカラーにすると自然な眉色に見せることが出来ます。 

 

 

基本の眉毛の描き方 

1.余分な皮脂を取り除く 

崩れにくいアイブロウメイクにするために、軽くティッシュオフしましょう。 

その後、フェイスパウダーをのせると発色がアップします。 

 

2.眉を整える 

眉の毛流れを整えます。 

毛流れは、眉頭付近は上向きに、眉山に近づくにつれ横向きになり、 

眉尻は下向きに生えています。 

コームやブラシでとかし、毛並みを整えます。 

 

 3.【基本バランス】を意識して描いていく 

a・ペンシルで眉頭以外の輪郭をとる 

 

 

b・ペンシルで眉を一本一本埋めていくように全体を描きます。 毛流れに沿ってペンを動かしましょう。 

 

c・パウダーを眉山から眉尻にのせましょう。 

 

 

d・眉頭から眉尻に向かって、パウダーをやさしくふんわりのせましょう。 

 

 

e.ブラシでぼかす 

眉頭や眉上を中心にぼかしましょう。少し濃く仕上がっていてもなじみます。 

 

 

パウダーでナチュラルな眉毛を描く 

眉が濃い目の方ナチュラルでふんわりした印象に仕上げたい方 パウダータイプだけで仕上げるのもおすすめです。 

 

▼描き方▼

【基本の描き方】 c.〜d.の工程で仕上げます。 

 

 

ペンシルタイプでキリッとしたシャープな眉を描く 

眉がまばらに生えている方、シャープな印象に仕上げたい方ペンシルタイプで仕上げるのがおすすめです。 

 

▼描き方▼

【基本の描き方】a.とb.のあと、 スクリューブラシで毛流れに沿って全体をぼかして仕上げます。 

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

いかがでしたか? 

【基本のバランス】を覚えて、【基本の描き方】を身につければ、簡単になりたい眉メイクが楽しめます。 

ぜひトライしてくださいね。 

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

パウダーアイブロウにおすすめのメイクブラシのご紹介 

当ショップだけで購入できる、

フェリセラプロフェッショナルのNAGINATA.PROは、適度なシナリ感と粉含みでさっと眉にそってなでるだけでナチュラルな仕上げに。 

コンシーラーにも使える便利なアイメイクブラシ、眉のまわりや目の周りを補正するのにも便利ですよ! 

 

フェリセラプロフェッショナルメイクブラシ 

アイメイクブラシ NAGINATA.PRO 

 

▼こちらのコラムもおすすめ 

 ■□コンシーラー使いで眉メイクをランクアップ□■